全国商工新聞

新潟・魚沼民商 支部で学び仲間に広め

 「記帳してみたら、一時支援金が振り込まれていた。民商に相談して本当に良かった」―。一時支援金の申請サポートを積極的に行ってきた、新潟・魚沼民主商工会(民商)には7月以降、申請した会員から続々と入金報告が届いています。
 南魚沼市内でスナックを営むSさんは、5月21日に申請。6月25日に30万円が振り込まれました。
 4月8日、所属する六日町支部の「一時支援金申請セミナー」に参加し、申請することを決めた清水さん。事前確認のため、六日町商工会を訪れましたが、断られ、一度諦めてしまいました。
 しかしその後、民商の仲間から「一時支援金は、もう申請した?」と声を掛けられたのをきっかけに、「もう一度頑張ってみよう」と奮起。5月中旬から登録確認機関を改めて探した結果、JAみなみ魚沼城内支店で事前確認を済ませ、無事申請できました。
 「うちのお客はカラオケが好きな人ばかり。ワクチン接種が始まってから、ようやく来てくれるようになったが、3日間連続で来客ゼロなど、まだまだ厳しい状況が続く中だったから、本当に助かった」と、ほっと一安心です。
 他にも、「民商の仲間に、まだ一時支援金が振り込まれていないことを相談した2日後に、振り込まれた。私に声を掛けてくれてありがとう」「娘のスマホで申請したので、どうなっているのか分からなかったが、記帳したら振り込まれていた」など続々と、うれしい報告が。
 民商では「すでに申請が始まっている月次支援金など、使える制度はフル活用し、営業と暮らしを守ろう」と呼び掛けています。

県協力金獲得めざし 岐阜北民商 相談会に40人

書類の簡素化を求める声も聴出された岐阜北民商のコロナ対策相談会

 岐阜北民主商工会(民商)は7月1日、コロナ対策相談会を民商会館で開き、約40人が参加しました。岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第5弾)の申請受け付けが6月22日から開始されたことを受け、実施したもの。中部地方有数の料飲街・柳ケ瀬のママらは「書類を簡素化し、早く支給してほしい」と訴えました。
 申請書の記入の仕方や、提出する書類・写真などを確認し、仕上げました。「協力金第4弾が入金されず、資金繰りに本当に困った。今度も遅いのやろか」「当初は減額してくれたカラオケ会社の請求もある。支払いは待ったなしだ」と心配する声や、「今年は、まともに商売していない」「お客が戻って来るまで、持ちこたえられるか…」「オリ・パラより他に、やることがある」など、この間、たまった思いをぶつけ合いました。

購読お申込みはこちらから購読お申込みはこちらから