全国商工新聞

「みんなに配る」120個買いも

婦人部役員も活躍し、生産者も会員も地域の人も大喜びでした

 宮城・石巻民主商工会(民商)婦人部は先ごろ、民商事務所の駐車場で「朝採り新鮮ほや祭り」を開催しました。コロナ禍で影響を受けた民商会員のホヤ生産者から300キロを入荷し、会員や近所の人に喜ばれました。
 女川産のホヤは、大きくて味も良く、厚みがあるのが特徴。それが、8個500円という格安の浜値で、朝採り、新鮮ということもあり、大好評でした。120個を購入した菅原正明民商会長は、「うまそうだ。これから地元の登米のみんなに配るんだ、喜ぶぞ!」と笑顔。みんな大きな発泡スチロールに山盛りにして次々と買い求め、300キロのホヤが、午後には完売しました。追加注文の電話をくれた会員は「えっもう終わり? もっと買っておけばよかった」と残念そうでした。

新鮮でおいしそうなホヤをたくさん購入して満面の笑みを浮かべる深堀政浩副会長

 「ほや祭り」は、新型コロナウイルスの影響で出荷が低迷しているという、ホヤ生産者の声を受けて、急きょ開催したもの。生産者もホヤが好評で、とてもうれしそうでした。事務所内では婦人部が蒸しホヤも作って振る舞いました。今回は、1週間前に開催を決めたこともあり、チラシや宣伝が行えませんでしたが、「次回はもっと多くの人に楽しんでもらう企画にしよう」と計画しています。

購読お申込みはこちらから購読お申込みはこちらから