全商連トップページ
中小施策 税金 国保・年金 金融 経営 業種 地域 平和・民主 教育・文化 県連・民商 検索
 全商連とは活動方針・決議署名宣伝資料調査婦人部青年部共済会商工研究所発行案内入会申込リンク
  トップページ > 全商連とは > 共済会

共済会

 

豊かな制度めざして=全商連共済会理事長・鎌田保さんに聞く

 全商連共済会は創立以来、中小業者のいのちと健康を守り、さまざまな試練を乗り越えて、およそ23万人が加入する組織となっています。全商連共済会の歴史、魅力、そして今後めざすべき活動について、理事長の鎌田保さんに聞きました。
>>続きを読む

<全商連共済会のうごき>

<各地の共済会のとりくみ>


「改正」保険業法を知るページ

 
民商共済会の5つの魅力

1、無条件で加入できる
 民商会員とその配偶者は年齢を問わず、入院・通院中でも加入できます。会費は前納制で月1,000円です。
 ▼加入者の声=白内障手術とそれに伴う糖尿病で10日間の入院でしたが、医療費の高さに驚きました。国民健康保険料も高額ですが、3割負担の重みも身にしみました。今回、共済金を受け取り、ただ感謝です。1人でも多くの仲間を増やして、この喜びを分かち合いたい。(愛知県 M・Nさん)

2、いのちと健康を守る助け合いを重視
 民商共済会の集団健診の結果、「健康」な人はわずか15.7%。なんらかの「異常」が指摘された人は7割をこえています。民商共済では、何よりいのちと健康を重視して、早期発見・治療のため集団健康診断の取り組みに力を入れています。

3、自前の共済
 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を合言葉に、会費を出し合い、自前の見舞金や祝金を発展させています。
※詳しくは全商連共済会規約・運営規定をお読みください。

4、心かよう仲間がいる
 「目くばり、気くばり、心くばり」を合言葉に、身近な班や支部ごとに何でも相談しあえる運営をしています。

5、仲間の数が力になり発展
 すべての民商の仲間が加入してこそ、助け合いの内容は、いっそう豊かになります。創立以来、のべ148万人を超える加入者へ836億円の共済金を届けてきました。支払われた共済金は会費収入の8割を超え、他の共済ではまねできないものとなっています。

*詳しいことは最寄の民商にお問い合せください。

6、全商連共済会・各種様式(用紙)集