コンビニ 人手不足、24時間営業 廃棄ロス…問題解決し経営を守ろう

コンビニ問題特設ページ

24時間営業などコンビニが直面する課題と私たちの考え

(第3355号2019年4月1日付)

photo

 2019年3月、全国商工団体連合会はFC本部に以下の対応を求める「24時間営業などコンビニが直面する課題と私たちの考え」を発表しました。
①24時間営業の強制をやめ、実情に応じ時間短縮を認めること
②加盟店の営業体制の維持へ、きめ細かな支援を行うこと
③人件費高騰に見合うチャージ引き下げで、加盟店の経営改善を可能にすること
④見切り販売をしやすくすること
⑤本部と加盟店の契約の公正・適正化へ、FC法制定を

→詳しくはこちら

◆リーフレット

カラー版
カラー版
モノクロ版
モノクロ版

綾瀬市議会、コンビニ改善へ意見書採択 アンケート実施し提案

(第3385号2019年11月11日付)

 神奈川・綾瀬市議会は9月27日、「地域社会において多様な役割を期待されるコンビニエンスストアの在り方の再検討を求める意見書」を採択しました。…


→詳しくはこちら

24時間営業が経営を圧迫 過半数が「時短」を希望

(第3373号2019年8月19日付)

photo

全商連 コンビニアンケート
 全国商工団体連合会(全商連)は7月31日、3月から全国で取り組んできたコンビニ訪問・対話の内容144通分を「中間集計」し、結果を発表しました。…


→詳しくはこちら

切実な思い受け止め コンビニ訪問・対話

(第3369号2019年7月29日付)

 「利益が出せず、借金した上で、1日12~13時間労働です。死ぬ方が楽と考えることもあります」「せめて、正月の三が日は休みたい」─。長崎・佐世保民主商工会(民商)は7月2、17の両日、コンビニ訪問・対話を行いました。…


→詳しくはこちら

その他の関連記事

コンビニオーナーの皆さん、お気軽にご相談を!あなたの街の民商

ページの先頭